中古車とエンジン

エンジンルームの中をチェックすることは中古車の状態を知るうえで大切なことといえます。そのため、中古車を選ぶ際のポイントとしてもエンジンルーム内のチェックはしっかりとおこなう必要があります。特に中古車の場合では、エンジンは最も大事な部分といえる箇所なので、必ずエンジンルームの調子は確認しておくといいでしょう。

車の初心者でも、オイル漏れやゴムなどの状態(張りやひび割れなど)は比較的わかりやすいチェック項目だと思いますので忘れずにチェックしましょう。例えば、フレームにオイルがべったりついているような中古車は購入を避けた方が無難かもしれませんね。

ラジエーターキャップを開けて冷却水のチェックもしておきましょう。エンジン回りは特に重要な部分ですが、サビのチェックも必ずおこなってください。寒冷地など、寒い地域・場所で乗っていた中古車は、凍結防止剤などで使用される塩素系の薬品などの影響もありサビついていることが多いので要チェックといえます。他にもラジエーターホースやファンベルトにヒビなどが無いかチェックしていきましょう。

外見はとってもきれいな中古車なのに、実はエンジンルームが劣悪というケースも少なからずあるので、中古車を選ぶ場合には必ずエンジンルームを確認することを忘れないようにしましょう。車の心臓とも言うべきエンジンは、中古車にとって非常に重要な場所です。