事故車・修理車の見極め方法

車にしろ他の物にしろ、中古のものを購入する場合、前の人が壊していないか、修理に出していないかといったポイントは大変気になると思います。とりわけ中古車の場合、事故歴や修復歴というのは車を安心して運転するうえでも重要なポイントだと思います。

事故や修理を見分ける方法として、まずはエンジンルーム内の確認が挙げられます。エンジンルーム内側のパネルの色が左右で違う場合や、本来であれば塗装後に取り付けられる固定ボトルが外れそうになっている、固定ボルトの上から塗装されているといった中古車は、修復した可能性が高いと言えるのではないでしょうか。フェンダーについては、フェンダーパネルを交換すれば問題ないので気にしなくても大丈夫です。ほかにも、ボンネットの左右パネルの色や大きさの違い、ドアやフェンダー、ボディーの隙間なども中古車の修復歴をチェックする方法として挙げられるので、しっかりと確認しておきましょう。

中古車で左右のタイヤとフェンダーの隙間が違う場合、修復歴が無いケースでも足回りが傷んでいる可能性があるので購入の際には注意しましょう。オカマを掘られたなど、車後部に衝突歴がある車の場合には、トランクルームの内張りを剥がしてスペアタイヤを取り出します。そこでトランクルーム内に歪みが無いかどうかをしっかりとチェックするようにしてください。