中古車は実物を見て選ぶ

中古車を実際に見て確認することで、いろいろな箇所をチェックすることができると思います。チェックする箇所としては、まずボディが挙げられます。近づいて傷などを探すだけではなく、少し離れて見てみて、車に変な箇所がないかチェックしてみましょう。塗装ムラや凹み(へこみ)などが見つかるかもしれません。

次に中古車のボンネットも確認してみましょう。ボンネットを開いてヒンジの取り付け部分を確認します。この部分が新しいと、交換した可能性もあるのでよく確認しておきましょう。トランクもまた確認すべきポイントの一つといえます。トランクの内張りをめくったときに不自然な部分が見つかった場合、それはもしかすると事故の痕かもしれないのでよく確認しましょう。また、タイヤに関しても細部までしっかりと確認しましょう。タイヤは消耗品だからあまりチェックしない人もいますが、タイヤを確認することで事故歴を発見できることもあるので確認は必要です。

それから内装。内装も細かい部分まで確認してみましょう。意外と見落としがちとなりそうなシートの座面が合わせてある場所なども確認しておくといいと思います。中古車を買う場合には自分の目でいろいろと確認しておきましょう。