新古車はお買い得

家電などで安く売られている商品の中に展示品商品がありますが、車に置き換えるとそれは「新古車」と呼ばれるものになります。新古車は中古車に分類されますが、新古車というのは走行距離は0キロなのに、中古車扱いにされた車のことをいいます。

何故このような新古車が出てくるかというと、ディーラーは月の売り上げ台数を達成したときにメーカーから奨励金が出る仕組みになっています。その金額が大きければ、その新車を購入してナンバー登録をするという仕組みになっているために、こうした新古車が出るといわれています。

新古車は実質新車なのですが、中古車扱いとなるので重量税は必要ありません。価格的には新車よりも若干安い程度で、一般的な中古車ほど安い価格でもありません。中古車を購入しようと思っている人で新古車を検討している場合、人気のある新車が出た際時に、新車では値引きも難しいと思いますが、展示車や試乗車として使われていた新古車であれば、値引きも少しは利くと思います。中古車の中でも新古車を購入するという方法は、比較的賢い車の購入方法ではないでしょうか。もしも欲しい車種があれば、新古車を狙うのもひとつかもしれませんね。